月謝制英会話なら大人のための英会話教室 ステージライン新宿
What is New?

英語学習に役立つ情報やレッスン成果の紹介、レッスン内容の詳細などをご案内しています

Grammar vs Vocabulary
2022.04.04

こんにちは。受付スタッフのYukiです。

 

さて、突然ですが、

 

Colorless green ideas sleep furiously.

 

この一文を目にしたことはありますか? これを訳すと、次のようになります。

 

無色の緑色の考えが猛烈に眠る。

 

難しい文構成ではないので、単語の意味さえ分かればすぐに訳すことができますが、訳してもこの一文の意味を理解することはできません。

「無色」なのに「緑色」で、これが修飾するのは実体のない「考え」という単語、また「眠る」という動作を修飾する言葉として「猛烈に」は合いませんし、「考え」が「眠る」ことも日常的に表現することではありません。

 

この一文は、言語学者のノーム・チョムスキー(Noam Chomsky)が考案した「文法的には正しいけれど、意味的には成立しない(ナンセンスな)例文」です。

以前私のブログでも取り上げたことのある『鏡の国のアリス』中に、『ジャバウォックの詩』(Jabberwocky)という詩が出てきますが、これはそういった文で構成されているといわれるナンセンス詩の一つです。

文法的に正しく、かつ英詩の形式にもきちんと則った上で、意味は理解出来ない詩が成立しています。

作者キャロルの造語(かばん語※)が多用されていることも、ナンセンスを成立させる大きな要因となっているようです。

 

アリスはこの詩を読んだ後、“It seems very pretty,… but it’s rather hard to understand!” と言った上で、 “Somehow it seems to fill my head with ideas—only I don’t exactly know what they are! However, somebody killed something: that’s clear, at any rate—”という感想を口にしています。

確かに、この詩は主人公が「ジャバウォック」という怪物を倒す物語なのですが、なぜ、何が何なのか分からないのに「誰かが何かを殺した」ということは分かったのでしょうか。

 

アリスがこの詩のあらすじを掴むことができた大きな理由の一つは、「文の構造」は理解することができたからです。

かばん語で溢れていて単語の意味はところどころでしか分からなくても、文法は正しいために、それを頼りに大まかな流れを推測することができたのでしょう。

 

この「文章の理解の仕方」は、もしかしたら受験やTOEIC等での長文問題で皆さんも経験があることかもしれません。

私は過去に「(試験等の時間が限られているときには)意味が分からない単語があっても、品詞だけ取って読み進めなさい」と教わり、今でも続けています。

品詞を取るには文法知識が必要となりますが、一見複雑な一文でも品詞を取ると文型や文中で重要な語を明らかにできるので、その他の修飾語等は一旦読み飛ばして時間短縮を図ることが出来ます。

そしてこの方法で読むと、文章全体の文脈で単語の意味を推測したり、全体の話の流れを掴んだりしやすくなるのです。

 

ただし、これが発話の場となると、そうもいきません。

文法が分かっていても、言葉が出てこないことには相手に伝えることはできませんよね。

発話時には、上記とは反対に、文法を無視して単語だけを並べてもある程度限られた場面であれば伝わる可能性は十分にあります。

例えば、ニューヨークのタイムズスクエアに行くためにどの電車(地下鉄)に乗れば良いかを尋ねたいとき、“Ah…Train, Times Square, I go, Where?”と思いついたそれらしい単語を並べて言ったとします。

路線図を指す等の身振り手振りをつけたら、何となく言いたいことは伝わりそうだと思いませんか?

 

アリスの例と電車について尋ねる例から、文法と語彙のどちらかが大きく欠けていても一定のレベルまでは推測・理解に繋がることが分かりました。

同時に、円滑でより活発なコミュニケーションを目指すなら、やはり文法と語彙のどちらも同様に高めていかなければならないことも分かります。

言語習得は一つ課題をクリアしてもその先にまた課題があり、目指すところに終わりはありません。

一朝一夕にはいかないことですが、だからこそ言語は面白い!と私は思うのです。

 

※かばん語については、私の過去のブログで簡単に説明していますので、宜しければこちらも是非!

 

---------------------------------------------

月謝制なので初期費用が安い英会話スクール
初心者から上級者まで、レベル別のグループレッスンは忙しい方にオススメのフリー予約システム!
講師や内容をオーダーメイドで出来るマンツーマンレッスンもあります!
インスタグラム更新中!⇒@Stageline_Shinjuku

無料体験お申込み

ご参加後の勧誘など、後追い営業は一切行いません。
まずは「体験レッスン」をお試しいただき、
ご自身で、納得の安心感を体験してください!

こちらをクリック!
TOP